HOME » オリジナルタオル

オリジナルタオル

プリントタオルとは

ロックバンドのオリジナルタオルやアーティストのグッズ販売用のオリジナルタオルに一番多く用いられる加工方法で、生地にカラフルなイラストやマークなどのデザインを美しく、微妙なニュアンスまでしっかりと表現できます。プリントのオリジナルタオルは、用途・加工方法に応じて、シャーリング生地またはパイル生地を使用し、デザイン性の高いオリジナルタオルは「シルクスクリーン」、名入れタオルは「オフセット」という印刷方法が用いられ、デザインに応じて顔料と染料を使い分けます。神野織物では、高品質な顔料・染料プリントのオリジナルタオルをデザインの再現性・発色共にお客様が納得してから製作できるよう、色校正用製品サンプルを作成します!

また、初回のみではありますが、フェイスタオルサイズ以上で100枚以上ご注文のお客様は無料でサンプルをお作りしますので、ご相談下さい。※納期の関係で難しい場合があります。

オリジナルタオル シャーリングタオルの生地
オリジナルタオル
シャーリングタオルの生地

お問い合わせ  お見積もり


ジャガードタオルとは

ジャガードタオルとは、織りでデザインを表現するタオルのことで、インクを使って表現するプリントタオルと違い、糸の色でデザインを表現します。そのためタオル独自の風合いを損なうことがありませんし、高級感(厚み)のあるオリジナルタオルに仕上がります。 ジャガードタオルは、タオルを織る工程=文字や柄を作る工程となるため、織り上げる前に型を作る必要があります。このジャガードの型を作る作業が簡単にはできないため、どうしても割高になってしまいます。ジャガードタオルは、織り上げる糸をはじめに染色します。ここで糸を染める「染ロット」が関わってきますので、少数での製作は難しく、作成するとしても単価が上がります。また、ジャガードタオルは特に機械・職人・糸の3拍子がしっかり揃って、はじめてしっかりとした製品に仕上がります。どれか一つが欠けるだけで、高品質なオリジナルのジャガードタオルはできません。そのため「コストはかかっても上質のものを」という需要があり、高級ホテルのオリジナルタオル、プロスポーツチームのオリジナルグッズなどの商品に採用されることが多いタオルです。

高品質なジャガードタオルをデザインの再現性・発色共にお客様が納得してから製作できるように、神野織物ではオリジナルジャガードタオルの製品サンプルを無料で作成します!

毛違いジャガード織りタオルの作り方
毛違いジャガード織りタオルの作り方
マイヤー織り機
マイヤー織り機

お問い合わせ  お見積もり

お見積もり・お問い合わせはこちらまで!

このページのトップへ戻る